2004年11月20日

心理学。

今日は、心理学について書こうと思う。
きっかけは、今日おもしろいメールのやりとりがあったから。
ひよこは現在 心理学関係の本を
10冊以上保有していて、心理学に関しては上級NLP理論の域まで学んでいる。

この心理学を活用できる機会は多くある。
まず第一にアポ。そしてメンテ。
そして塾の個別のアルバイトに、外回りの営業(セールス)のアルバイト。


そして、今日のメールのやりとり。

やや ひよこ自身が相手の反応をおもしろがってしまってテクニカルに攻めすぎたところがあるが、サンプルとして。

心理学をかじったことのある人なら、ひよこのメールの隋所にテクニックがちりばめられていることが見て取れるだろう。

なお、ひよこのメールは略して概要だけ記してある。
お相手は mゆき(19 スト7 大学生 美人美白 変わり者)


ひよこ
「遊ぼうよ」

mゆき
「かんなり しぶといよね 笑 私ほんっと無理! 気晴らしって言うけど逆に緊張して気疲れしそうだから、とてもじゃないけど行く気にならない・・・」

ひよこ
「彼氏つくらないの?」

mゆき
「私に、いるわけないじゃん! 私のまわりで彼氏を作ろうと日々励んでいる友達がいるんだけど何かが面白い・・・」

ひよこ
「mゆき 魅力的だからさ ひよこは仲良くなりたい」

mゆき
「私なんて終わってるぅ〜 っていうか私たち既に超超超ぉ〜 仲良しじゃん 笑」

ひよこ
「mゆきの心をとかしたいな」

mゆき
「その台詞は〜 笑 でっもぉ私の心は だっれにも完璧には開かないぃっ! 私の本質はだぁ〜れも知る事はでっきません!」

ひよこ
「そおいってるのも今のうちだよ だって きみ もうすぐ ひよこに惚れるもの」

mゆき
「それは楽しみですねっ!・・・と言うか1つだけ聞きたい事が。あえて言うなら女の子に愛されるのと依存されるのどっちが良い?」

ここでひよこ凡ミス。

ひよこ
「依存してくる子は嫌いだわっ」

mゆき
「あら残念っ! 私依存しかできないんです★ だから先輩は私が嫌いだし、その遊ぶ予言?も大ハズレ!私なんか相手にしてるとクリスマスまで間に合いませんよお〜」

ひよこ
「クリスマスはどう過ごすの?」

mゆき
「クリスマスだから・・・ 私は家でおとなしく神に崇拝してますよっ! こういうイカれら女は、ほっといた方が利口です!」

ひよこ
「mゆき おしゃれだし 外見に気配ってるよね なんでキレイにしてるの? ほんとはさみしがりやではないのかい?」

mゆき
「私の心に土足で入って荒らすのは止めてくれ〜 そんな許可はおりてませんっ! それに私は孤独を好む強〜い人間です!」

ひよこ
「孤独を好むのに依存するんだ ほんとは誰かに甘えたいんじゃないのかい? mゆきは今はひよこのことなんとも思ってないのかもしれないけど、最後にはこう言う、あなたって 麻薬みたいな人ね」

mゆき
「ちょっと今日のメールの内容変だ! ・・・それは薬物依存ってヤツですかあ? あいにく身近に依存相手がいたので、さすがに昔の私もそこまでは行きませんでした。孤独だから依存するっ!心中だって厭わない ああ〜 重い重い! かまってられなくなったでしょ!」

ひよこ
「そうやっていうってことは 本心はかまってほしいって言ってるんだよ もっと自分に素直になりなよ それとも ひよこと遊ぶのが緊張して気疲れしそうで、怖いくらいみゆきは臆病なのかな?」

mゆき
「そんな心理分析は不要ですっ!私には偽善にしか感じませーん 私には過去の依存の思い出があるので十分です 1年前の今日は私の推薦入試日と 思い出の先生の誕生日だったので私も先生を思い出したし 先生も私を思い出してくれた! それで満足、依存相手は募集していません。何より先輩は依存心の強い人間は嫌いなようなので 嫌われ者はさっさと消えます おやすみなさい




この子、非常に興味深い。


posted by ひよこ at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。